So-net無料ブログ作成

【高校サッカー】初出場の聖和学園 ドリブル武器に初戦突破 [サッカー]

追いつめられた聖和学園が底力をみせた。0-1で迎えた後半39分、途中出場の藤原光が左をドリブルで疾走、右足で同点弾をたたき込んだ。

 「どうやってあそこまで行ったか覚えていない。自分はあまり点を取れる選手じゃないし」。県予選準決勝で左太腿筋を断裂、全治3カ月の重傷から復活した背番号7の活躍に、チームメートは全国高校総体2回戦でも敗れた苦手のPK戦で奮起。5人目で勝利をもぎ取ると、一目散にスタンドに駆け寄り、応援団と喜びを分かち合った。
聖和学園・藤原光.jpg
 女子サッカーの強豪として知られる同校に男子部が誕生したのは共学化した2003年。女子のコーチだった加見監督は「女子はパスがうまかったが、何か足りないと思う中で教わった」というドリブルを軸に、攻撃的スタイルを確立。毎朝の練習では、全員がタイヤ100個の間をドリブルで抜くことに費やす。足の速い選手が少ない今季は、選手がそれぞれ敵陣での駆け引きを覚え、創部9年目で初の選手権切符を獲得した。

 「パスだとすぐ相手の守備にはまる。ドリブルで抜けたら楽しいし面白い」と話すのは身長150センチの高橋奏。隣県の代表校、盛岡商を破った近大付との2回戦に向け、「震災もあったシーズン。盛商の分も、自分たちが東北魂を背負って臨みたい」と強く意気込んだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【高校サッカー】大分が10得点で圧勝 近大付(大阪)も5得点 [サッカー]

 サッカーの第90回全国高校選手権は大会2日目の31日、1回戦の残り15試合が行われ、浦和東(埼玉)が、FW菊池のハットトリックを含む後半の5得点で5―0と那覇西(沖縄)を破った。
近大付・黄将健.jpg
 また近大付(大阪)も5―1で盛岡商(岩手)に大勝。

 大分(大分)は得点を重ね、10―0で北陸(福井)を圧倒した。11年ぶり出場の清水商(静岡)は、後半ロスタイムの決勝点で、1―0でルーテル学院(熊本)を振り切った。

 そのほかの結果は次の通り。

 鹿島学園(茨城)2―1日章学園(宮崎)

 山陽(広島)0―0、PK4―3西目(秋田)

 富山南(富山)2―2、PK5―4佐賀東(佐賀)

 桐光学園(神奈川)1―1、PK5―4初芝橋本(和歌山)

 済美(愛媛)1―1、PK5―4東久留米総合(東京A)

 四日市中央工(三重)3―0羽黒(山形)

 聖和学園(宮城)1―1、PK4―3香川西(香川)

 奈良育英(奈良)3―0帝京大可児(岐阜)

 米子北(島根)3―1星稜(石川)

 新潟西(新潟)1―1、PK4―2鹿児島城西(鹿児島)

 徳島市立(徳島)3―2旭川実(北海道)
(2011年12月31日16時11分 読売新聞)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこモデルの新ユニホームに予約殺到! [サッカー]

◇日本代表新ユニホーム発表会
なでしこモデル.jpg
 なでしこジャパンモデルは早くも予約が殺到している。「結束の一本線」はなでしこの花をイメージしたピンク色で、胸にW杯ドイツ大会優勝の証である金バッジと、星の刺しゅうがあしらわれた“女王仕様”だ。

◇日本代表新ユニホーム発表会

 なでしこジャパンモデルは早くも予約が殺到している。「結束の一本線」はなでしこの花をイメージしたピンク色で、胸にW杯ドイツ大会優勝の証である金バッジと、星の刺しゅうがあしらわれた“女王仕様”だ。

なでしこの胸に☆!サッカー日本代表新ユニホーム








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

高校サッカーが開幕 国学院久我山が東海大五破る [サッカー]

 90回目を迎える「全国高校サッカー選手権大会」が30日午後開幕、国立競技場で開会式が行われた。
高校サッカーb.jpg
 選手全員が「つなげよう高校サッカー」のワッペンを右肩に、また各チーム東日本大震災への寄せ書きしたボールを手に入場。岩手、宮城、福島の3県は、復興支援を感謝する横断幕を手に入場した。

開会式に続いて行われた1回戦(40分ハーフ)の国学院久我山(東京B)―東海大五(福岡)は、国学院久我山が2―1で勝ち、2回戦に進出した。

国学院久我山は8分にFW富樫が先制点。31分に追いつかれたものの、68分にFW右高が決勝点を決めた。

 1回戦の残り15試合は31日に行われる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

長友佑都 「世界のDFトップ5」に選出! [サッカー]

長友佑都b.jpg セリエA、インテル・ミラノの日本代表DF長友佑都が28日、海外スポーツニュースサイト「ESPNSTAR.com」の「世界のDFトップ5」に選ばれた。

サイトでは「今年初めには誰も知らなかったこのダイナミックなDFは、インテルでも傑出して使われ続け、代表でも成功している」と絶賛。

ACミランのブラジル代表DFシウバらとともに選出した。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【天皇杯】FC東京 J2初の決勝進出 [サッカー]

 天皇杯全日本選手権・準決勝(29日、FC東京1-0C大阪、長居 )J2王者のFC東京が、J2勢として史上初の決勝進出を決めた。
FC東京・谷沢.jpg
 FC東京は前半開始直後からシュートを連発。しかしルーカスが決定機を外すなど、ゴールネットを揺らせなかった。

 後半32分、MF谷澤がペナルティエリア外正面から、豪快にゴール左上に叩き込み、貴重な得点を奪った。

 C大阪は終了間際に猛攻を仕掛けるも、FC東京に阻まれ追いつけず。FC東京は97、08、10年に続く4度目の挑戦で準決勝を突破。元日の決勝で京都と対戦する。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【天皇杯】京都サンガ 勝利!決勝はFC東京と初のJ2対決 [サッカー]

天皇杯全日本選手権・準決勝J2で7位の京都が延長にもつれ込む死闘を制し、優勝した02年以来9年ぶりの決勝進出を決めた。元日の決勝はFC東京と京都の、史上初となるJ2勢同士の対戦となった。
京都・久保裕也sanspo-000-13-view.jpg
 先制したのは横浜M。前半42分、MF中村から絶妙のスルーパスをFW渡辺がゴール前に持ち込み、冷静にGKを交わし左足シュート。先制点を奪った。

 京都は後半5分、中央からドリブルで駆け上がったMF工藤が、ペナルティエリア外から豪快な左足シュートがゴール右に突き刺さり同点。さらに後半27分、ドゥトラが直接FKを右足でゴール右に決め勝ち越した。

 しかし横浜Mは後半ロスタイム、こぼれ球をFW大黒が右足で押し込み、土壇場で同点に追いつき延長戦突入。横浜Mにボールを支配された京都だったが、延長後半11分に途中出場の18歳FW久保が決勝点。さらに延長後半15分に途中出場のMF駒井がダメ押しの4点目を決めた。

 前半14分に途中出場し勝負を決めた久保は「最高っす。しばらく出れない日が続いたんで、絶対決めたいというのがあって。とりあえず、うれしいです。ここまで来たら絶対優勝しかないんで。絶対に勝ちたいです」と優勝を誓った。

 横浜Mは1992年以来19年ぶりの決勝進出を逃した。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

写真記者が振り返るサッカーこの1年~取材の現場から [サッカー]

東日本大震災など不幸なニュースが目立った中で、明るい話題を提供したのはスポーツ、特にサッカーだったのではないでしょうか。
サッカー担当カメラマンが、個人的な思いを入れて10大ニュース風に1年を振り返っています。

 ▽10位「日本代表・韓国に圧勝」(8月10日、札幌ドーム)
本田圭佑d.jpg
 1試合だけで判断するのは早計だが、それを差し引いても3-0圧勝は予想できなかった。アジア杯優勝が選手に自信を与えていた。余裕あるプレーが随所に見られ、久々に安心して見られた。今は韓国のほうが気なる。W杯3次予選敗退の危機を迎えており、監督交代でかつての強さを取り戻せるだろうか。



 メッシe.jpg

▽9位「クラブW杯・バルサ異次元の強さ」(12月18日、横浜国際)

 まだ記憶に新しいが、どれだけ撮ってもバルセロナのメッシは飽きない。「もっと撮っていたい!」と感じる被写体だ。「ボールが足に吸い付く」。言葉にすると陳腐だが、メッシを撮っていると「本当にそうなのでは…」とも思った。何より、本国から遠い日本の地で本気でプレーしてくれて感謝!

高原直泰.jpg

▽8位「清水・高原直泰 古巣に雪辱弾」(6月18日、埼スタ)
 浦和レッズを追われた清水エスパルスの高原が、はじめて迎えた古巣との試合。泥臭く飛び込んでヘディングシュートを決めると、力強くガッツポーズ。男の意地を見せつけた瞬間だった。対照的に今年の浦和はエジミウソンを放出し、GM解任、監督解任など負の連鎖が続いた。最後は柏レイソルの初優勝を目の前で見せ付けられ、サポーターは散々だったと思う。が、その怒りの矛先を間違えちゃいけません。我々、カメラマンにぶつけたって何にも始まりませんから。

松田直樹.jpg ▽7位「松田直樹さん、早すぎる死」

 36歳の私にとって、年下(34歳)のサッカー選手の死去は、ただ、ただショックだった。しかし、時は止まらない。松田さんが所属した松本山雅は故人の思いを胸に頑張り、悲願のJ2昇格を決めた。

天皇杯でもJリーグ勢に2勝し、松田さんの古巣・横浜Fマリノスとの対戦も実現させた。でも、これがゴールではない。来年のJ2での戦いに期待する。個人的に撮る機会がなかったので、来期は是非とも取材したい。






ベガルタ仙台b.jpg ▽6位「被災地のベガルタ仙台が快進撃」

 被災地に本拠地を置くベガルタ仙台。震災後1カ月以上も仙台を離れ、戻ったのは4月29日。満員のユアスタに浦和レッズを迎えた試合では、気持ちが先走る面もあったが、前半終了間際、太田のヘディングで先制、その後はサポーターの大声援にも守られ1-0で勝利。この日は、Kスタ宮城でも楽天がホーム初戦に勝利、「ダブル白星」で、被災地に明るい話題を提供した。今年の仙台は「神がかった…」と感じる試合が一つや二つではなかった。被災しながら頑張ったサポーターや選手の思いが、勝ち点を「10」くらいは押し上げたと思う。

三浦知良.jpg ▽5位「震災チャリティーマッチでカズダンス披露」(3月29日、長居)

 震災から半月、当初の日本代表親善試合がキャンセルになり、紆余曲折を経て行われたJリーグ選抜とのチャリティーマッチ。カズ出場を知り「ゴールを決めてもらい、カズダンスを撮ろう」と、頭の中で勝手にシナリオを作った。結果は、見事にゴール。さすが「キング・カズ!」。だが、あの場所でダンスとは…。ベンチ前に走り寄り、テレビカメラを意識してダンスをするのが普段のパターン。それを見越してカメラマンを配置したのに…。カズさんも興奮したのかな?



 ▽4位「日本代表・22年ぶりのアウェー北朝鮮戦」(11月14日、平壌)
北朝鮮・平壌.jpg
試合内容とは全く関係ないが、個人的に今年一番残念だった出来事。22年ぶりの厳戒下でのアウェー戦。是非とも取材したかったが、立ちはだかったのが「北朝鮮入国」という大きな壁。申請しても、なしのつぶてで各社取材陣はやきもき。結局、試合2週間前に届いたのは「取材不許可」のメールだった。取材は代表になったが、危険覚悟で北朝鮮に渡った取材団に感謝。テレビで観ても圧倒されるほどのアウェー戦。体感したかった。

 ▽3位「柏レイソル、まさかのJ1優勝」(12月3日、埼スタ)
柏レイソル-p10.jpg
 「まさか」と言うと、柏サポを自認する弊社Yカメラマンに失礼だが、それでも「まさか」である。追いかけるチームが名古屋グランパス、ガンバ大阪と強豪で、いつか追いつかれる、と思っていた。開幕戦の印象は「外国人頼り」。しかし、外国人に引っ張られる形で、田中順也や酒井宏樹のようなヒーローが台頭。何よりエースの北嶋秀朗が1年戦えたのが大きかった。ここも仙台同様、熱いサポーターが勝ち点を「10」くらい積み上げたかも? スタジアムを改修中だが、魅力はサポーターとの近さ。それだけは失わないで欲しい。ただし、カメラマンの立場からすると、ゲーム写真は撮りにくいスタジアム。ACLもあるので、こちらは改善を、ぜひ。

李忠成d.jpg ▽2位「日本代表・アジア杯優勝」(1月29日、カタール・ドーハ)

 震災で忘れられがちですが、これも今年なんです。
当初、日本代表はさほど期待されておらず、勝ち上がるにつれ日本国内が盛り上がったと聞く。

 ゴールを決めた選手が真っ先にベンチに向かい控え選手と抱き合う。チームがまとまっている証拠だ、と思った。




川澄奈穂美s.jpg ▽1位「空前のなでしこブーム、ちゃっかり記者も乗っかる?」

 男子同様、女子ワ-ルドカップに臨んだ「なでしこジャパン」も前評判はもうひとつ。やはり、勝ち上がるにつれて日本国内は大フィーバーに。「まさかの世界一」は、震災の暗いムードを吹き飛ばすかのようだった。なでしこブームは、国民栄誉賞にまで上りつめたが、サッカー以外でも選手の一挙手一投足に注目が集まり気の毒でもあった。スポーツ新聞的には紙面映えする、なでしこたち。取材機会はぐっと増えた。その副産物か、なでしこリーグを取材した写真が東京写真記者協会のスポーツ部門賞に…。色々な意味を含めて「彼女たちさまさま」です。

タグ:サッカー
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

【全日本女子サッカー選手権】INAC神戸が連覇に王手 川澄奈穂美が2発! [サッカー]

<全日本女子サッカー選手権:INAC神戸4-1岡山湯郷>◇準決勝◇27日◇国立
sc-f-111227-50-ns-big.jpg
 INAC神戸が2大会連続優勝に王手をかけた。左手を負傷し、出場も危ぶまれたなでしこジャパンFW川澄奈穂美(26)がフル出場し、2得点1アシストの活躍。「チームとしてもこうしようというものがあって、ボールがうまく動いた。やっていて楽しかった」と話した。

 星川敬監督(35)も「(川澄は手を)踏まれず、自分で手をつかなければ大丈夫だと思った」と、起用に踏み切った理由を明かし「決勝に向けていい足馴らしになった」と、元日決戦に向けて気持ちを切り替えていた。

なでしこジャパン 栄光の軌跡 IN 3D [Blu-ray]

新品価格
¥3,650から
(2011/12/27 21:02時点)





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

【セリエA】ガゼッタ・デロ・スポルト・長友佑都の大活躍を絶賛 [サッカー]

 セリエA(21日、イタリア・ミラノほか)今季開幕時の選手会のストライキで延期されていた第1節を各地で行い、インテル・ミラノはホームの当地でレッチェと対戦。

 先制を許したが、日本代表DF長友佑都(25)が後半に、07年のプロ入り後初となる1試合2アシストを決める大活躍を見せた。逆転で4ー1と大勝し4連勝。8勝2分け6敗の勝ち点26で5位をキープした。長友佑都l.jpg

 22日付ガゼッタ・デロ・スポルトは「7・5」(10点が最高)の両軍最高点をつけ、「(対峙した)クアドラードを“ちんちん”(完全にやっつける)にした。お辞儀するしかない2アシスト」。

この日の評価担当は、10月29日のユベントス戦でイタリア移籍後最低となる「4・5」を与えて批判を展開した辛口で知られるエレファンテ記者。批判にも「刺激になる」と前向きな長友は、結果で見返した形だ。同紙は1面の見出しにも「Nagatomo」と大きく掲げ称賛した。コリエレ・デロ・スポルトは7点で「スーパーな(ブラジル代表DF)マイコン」と評した。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。