So-net無料ブログ作成

【モーグル】全日本選手権 上村愛子が5年ぶり7度目の優勝 [スキー]

上村愛子g.jpg上村愛子h.jpg

















フリースタイルスキーの全日本選手権は10日、福島県猪苗代町のリステルパークでモーグルを行い、女子は今季現役に復帰した32歳の上村愛子(北野建設)が21・31点で5年ぶり7度目の優勝を果たした。

 悪天候のため決勝を実施できず、予選の結果で順位を決めた。伊藤あづさ(サンガリア)が16・38点で2位、市村美樹(富山・雄山高)が16・19点で3位に入った。里谷多英(フジテレビ)は出場しなかった。

 男子モーグルは悪天候のため予選を終了できず、中止となった。11日はデュアルモーグルを行う。


[DVD] 上村愛子/2U(トゥー・ユー)~SKIの神様と過ごした日々の記録2編

価格:4,331円
(2012/3/10 20:14時点)
感想(0件)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【W杯ジャンプ】高梨沙羅が初優勝 日本人選手初 [スキー]

 高梨沙羅k.jpgノルディックスキーのジャンプ女子で、日本のエース、15歳の高梨沙羅(北海道・上川中)が3日、山形市蔵王で行われた日本初開催のワールドカップ(W杯)を日本選手として初めて制した。世界を転戦するW杯の女子は今季始まった。

 午前の個人第10戦で2位だった高梨は、1回の飛躍の勝負となった午後の第11戦でただ一人100メートルを越え、W杯総合首位のサラ・ヘンドリクソン(米国)ら強豪を抑えて勝った。

 1月の第1回冬季ユース五輪と2月の世界ジュニア選手権の優勝に続いて国際大会を制覇し、2014年ソチ冬季五輪で採用されるジャンプ女子のメダル候補としての実力を示した。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【フライング世界選手権】日本5位 伊東大貴は各国のエース抑える最長記録240メートル [スキー]

伊東大貴1.jpgノルディックスキー・ジャンプ男子のフライング世界選手権は26日、ノルウェーのビケルスンで団体(HS225メートル、K点195メートル)を行い、渡瀬雄太、栃本翔平(ともに雪印メグミルク)竹内択(北野建設)伊東大貴(雪印メグミルク)のオーダーで臨んだ日本は1472・9点で5位だった。オーストリアが1648・4点で3連覇した。

 伊東大貴が1回目に日本最長記録となる240メートルの飛躍を決め、2回目は215・5メートルを飛んだ。

 日本はメダル争いに絡めなかったが、エースの伊東が特大の飛躍で存在感を示した。2回の合計得点は439・5点で、個人金のクラニェツ(スロベニア)ら各国のエースが飛ぶ4番手で最高の得点をマークした。

 この日は前日の個人と異なり、風が穏やかだった。「思い切っていける条件だった」と公式練習で236・5メートルの日本最長記録を飛び、1回目にさらに3・5メートル更新した。公平な条件であらためて実力を示し「W杯も残り少ないので、気を引き締めて頑張りたい」と終盤戦を見据えた。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【モーグル】復帰の上村愛子が2位 [スキー]

上村愛子-p1.jpg フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)モーグル苗場大会は19日、新潟県湯沢町の苗場スキー場でデュアルモーグルによる第10戦を行い、女子で今季復帰した32歳の上村愛子(北野建設)が2位となった。伊藤みき(北野建設)は3位。

 上村は予選を2位で通過。準決勝で伊藤に20-15で競り勝ったが、決勝でオードリー・ロビショー(カナダ)に敗れた。
上村愛子-p2.jpg

スキー板/ 11-12 ROSSIGNOL・ロシニョールスキー/MOGUL【モーグル】【スキー単品】モーグルスキー【送料無料】【smtb-k】【w1】[%OFF]【02P26Jan12】

価格:42,000円
(2012/2/19 18:17時点)
感想(0件)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【W杯複合】渡部暁が2勝目 個人第17戦 [スキー]

ノルディックスキーのW杯複合・ドイツのクリンゲンタールで個人第17戦
渡部暁斗-p2.jpg
渡部暁斗(23=北野建設)が優勝し、W杯初優勝した第14戦(5日)以来となる今季2勝目を挙げた。表彰台は4戦連続。渡部暁は前半飛躍(HS140メートル、K点125メートル)で最長不倒の144メートルをマークして首位に立った。後半距離(10キロ)は2位と6秒差でスタートし、後続を引き離した。

 W杯2勝目は複合のだいご味そのままに、飛躍と距離とも強さを見せつけて堂々と手に入れた。首位でスタートした後半距離で後続を引き離した理想的な展開に渡部暁は「この勝ち方はいい」と声を弾ませた。

 5日に初優勝した時と同様に前半飛躍で首位に立ったが、その時あった20秒の余裕はなく、わずか6秒差だった。「追いつかれてもいい」と逆に余裕を持ってスタートから飛び出すと、スキーも滑って後続との差は広がる。2位となった総合優勝争いトップのラミーシャプイ(フランス)に28・5秒差をつけて悠々とゴールした。

 ここ4試合は優勝2度を含み、全て表彰台。総合優勝争いでも2位となり、安定度は確実に増している。支えているのは今季の課題としていた飛躍の向上だ。「条件がそろえばしっかり飛べる自信が出てきた」。残り6戦に向け「そんなに(総合優勝は)意識してない。やることをやれば結果はついてくる」とエースの頼もしさは増している。

【クロスカントリースキーヤー ノルディックスキーヤー Cross Country Skier】 メタルカエルグッズ メタルオブジェ かえるグッズ 蛙グッズ カエル雑貨 かえる雑貨 蛙雑貨 カエル置物 かえる置物 蛙置物 フロッグ 【楽ギフ_包装】【お買得】02P13Feb12

価格:2,835円
(2012/2/19 06:45時点)
感想(0件)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【ワールドカップ・ジャンプ女子】高梨沙羅2度目の2位 [スキー]

 高梨沙羅j.jpgノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は11日、スロベニアのリュブノで個人第8戦(HS95メートル、K点85メートル)を行い、冬季ユース五輪金メダリストの高梨沙羅(北海道・上川中)が86・5メートル、88・5メートルと好飛躍をそろえ、245・2点で1月8日の第3戦以来となる2度目の2位に入った。

 サラ・ヘンドリクソン(米国)が246・5点で今季、通算ともに5勝目を挙げた。

 渡瀬あゆみ(神戸神奈川アイクリニック)葛西賀子(日本空調)がともに200・8点で16位、伊藤有希(北海道・下川商高)は24位だった。

cider(サイダー) 9900円!スノーボード 上下 レディース ガールズ snowbord ノルディック柄 ウエア:レッド/パンツ:ベージュ 9号

新品価格
¥9,900から
(2012/2/12 08:53時点)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

荻原健司が国体出場 20年ぶり、2種目に [スキー]

 日本体協は8日、岐阜県高山市で14日に開幕する第67回冬季国体スキー競技会に、ノルディック複合団体の五輪金メダリストで北野建設スキー部部長の荻原健司が長野県から出場すると発表した。
荻原健司.jpg
 体協によると荻原の国体出場は1992年の第47回大会以来で、成年男子Bの複合とジャンプにエントリーした。

 42歳の荻原は、北野建設を通じ「何歳になってもできる範囲の中で競技に参加したいと思っていた。出場するからには表彰台を目指す」とコメントした。

 成年男子Bの複合にはバンクーバー冬季五輪代表の高橋大斗(秋田・土屋ホーム)、ジャンプにはベテランの船木和喜(北海道・フィット)も出場登録した。

荻原健司―栄光と苦悩

中古価格
¥1,300から
(2012/2/9 05:25時点)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【ワールドカップ複合】渡部暁斗が初優勝 [スキー]

 渡部暁斗b.jpgノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は5日、イタリアのバルディフィエメで個人第14戦を行い、W杯総合ランク3位の渡部暁斗(北野建設)が初優勝した。W杯複合個人の日本勢では過去に荻原健司が19度、高橋大斗(土屋ホーム)が2度、河野孝典が1度優勝している。

 23歳の渡部暁は前半飛躍(HS134メートル、K点120メートル)で最長不倒の133.5メートルを飛び、138.2点で首位に立った。後半距離(10キロ)は2位に20秒差をつけてスタートして逃げ切った。

【PONTAPES/ポンタペス】メンズ&レディース スキーウェア上下セット(POSKI-922)[激安スノーウェア祭り]今年もスキーウェアーはコレでスキーへ★ウェアーの耐水圧10,000mm!スノーボードウエア/スノーウエア

価格:7,990円
(2012/2/7 06:33時点)
感想(874件)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ジャンプ・伊藤有希がW杯初挑戦…元祖スーパー中学生 [スキー]

 伊藤有希b.jpgノルディックスキー・ジャンプ女子の伊藤有希(北海道・下川商高)が、オーストリアとスロベニアで今月行われるワールドカップ(W杯)に初めて挑戦する。

伊藤は、冬季ユース五輪インスブルック大会金メダルの高梨沙羅(北海道・上川中)とともに全日本スキー連盟の特別強化指定を受けている期待の星。初陣を前に17歳は「楽しみ。納得のいくジャンプをしたい」と意気込んでいる。

 伊藤は元ジャンパーの父克彦さん(45)の手ほどきで4歳から競技を始め、すぐに夢中になった。12歳でラージヒルの大倉山(札幌市)を飛び、国際大会のコンチネンタル杯で表彰台に上がるなど注目を集め、「スーパー中学生」と呼ばれた。

 今季は、シーズン前の成績が振るわなかったこともあって序盤のW杯遠征メンバーから漏れた。新しく始まったW杯出場を目標としていただけに悔しい思いをしたという。だが、「W杯期間中にしっかり調整しようと思った」と切り替え、地元・北海道下川町の飛び慣れた小さなジャンプ台で助走姿勢を固め、空中で体が前に流れないよう練習に励んだ。
伊藤有希c.jpg
 「気持ちは切れなかった。レベルアップして代表入りを目指すだけだった」という思いが実を結んだのは今年に入ってから。最長不倒をたたき出す持ち味の高い飛躍で弟の将充(下川中)と雪印メグミルク杯を制したのを皮切りに、UHB杯、TVh杯、STV杯レディース、HTB杯女子と1月は5勝をマーク。復活を果たし、代表の座をつかんだ。

 課題は、飛び出しのタイミングが遅れること。ここ数年の悩みの種で、克彦さんも「まだ遅れている。もっとよくなるはず」と指摘する。しかし、伊藤に焦りはなく「2代目スーパー中学生」の高梨に押され気味だが「周りを気にせず、自分のジャンプだけを考えたい」と冷静だ。仲良しの後輩に負けない大飛躍を狙う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【スキージャンプ】伊東大貴 V、0・1点差でW杯初優勝 [スキー]

 伊東大貴-p1.jpgノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ札幌大会は28日、札幌市大倉山(HS134メートル、K点120メートル)で個人第16戦を行い、26歳のエース伊東大貴(雪印メグミルク)が134メートル、130メートルを飛び、アンデシュ・バルダル(ノルウェー)に0・1点差の252・6点でW杯初優勝した。

 日本勢の優勝は2009年3月の岡部孝信(雪印メグミルク)以来で、08年12月に初制覇した湯本史寿(東京美装)に続いて12人目。
伊東大貴-p4.jpg
 風が不安定で難しい条件の中、今季2位2度、3位1度の伊東は1回目にトップに立ち、2回目に逃げ切った。 39歳の葛西紀明(土屋ホーム)が213・4点で15位、竹内択(北野建設)が211・0点で18位、湯本は30位だった。2季ぶりにW杯に出場した41歳の岡部ら6人は2回目に進めなかった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。