So-net無料ブログ作成
検索選択
モータースポーツ ブログトップ

【ルマン】アウディが3連覇・1-3位独占 ハイブリッド車初V [モータースポーツ]

 R18eトロン・クワトロ-p1.jpg自動車の世界三大レースの一つ、伝統の第80回ルマン24時間耐久は17日午後3時(日本時間同10時)、フランス・ルマンのサルト・サーキット(1周13・629キロ)でゴール。アンドレ・ロッテラー(ドイツ)ブノワ・トレルイエ(フランス)マルセル・フェスラー(スイス)組のハイブリッド車、アウディR18eトロン・クワトロが378周を走り優勝、アウディが3連覇を達成した。ロッテラーらは昨年に続く連覇で、ハイブリッド車のルマン制覇は史上初。

 2位にもトム・クリステンセン(デンマーク)らが乗るR18eトロン・クワトロが続き、3位にはオリバー・ジャービス(英国)らのディーゼルエンジン車、アウディR18ウルトラが続いた。
トヨタのHVレーサー-p1.jpg
 2台のTS030ハイブリッドで13年ぶりに復帰したトヨタは、スタートから5時間後にアンソニー・デビッドソン(英国)が乗る8号車が大クラッシュしリタイア。一時トップを走った中嶋一貴らの7号車も、中嶋の走行中に本山哲が乗るデルタウイング日産と接触し車両を破損。修理で大きく順位を落とした後、11時間経過を目前にエンジントラブルが発生し、リタイアに終わった。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

【ルマン】トヨタの夢は潰える、アウディがハイブリッド車初優勝へ快走 16時間経過 [モータースポーツ]

アウディR18eトロン・クワトロ1号車-p1.jpg フランス・ルマンのサルト・サーキット(1周13.629キロ)で行われている自動車の世界三大レースの一つ、伝統の第80回ルマン24時間耐久は17日午前7時(日本時間午後2時)、16時間が経過。総合優勝を目指すLMP1クラスでは、アウディのハイブリッド車で昨年優勝者のアンドレ・ロッテラー(ドイツ)ブノワ・トレルイエ(フランス)らが駆るR18eトロン・クワトロ1号車がトップを快走。ルマン8勝で「耐久王」の称号をもつトム・クリステンセン(デンマーク)らが乗るR18eトロン・クワトロ2号車が約1分43秒遅れで1号車を追っており、ハイブリッド車初優勝の栄冠に近づいている。
oth12061714240007-p2.jpg
 3位はオリバー・ジャービス(英国)らが駆るアウディのディーゼルエンジン車、R18ウルトラの4号車。序盤にクラッシュし、修復のため大きく遅れたロイック・デュバル(フランス)らのR18ウルトラ3号車はトップから9周遅れの5位。元F1ドライバーのニック・ハイドフェルト(ドイツ)らが乗るリベリオン・チームのローラ・トヨタを1周遅れで追い上げており、アウディ勢による1~4位独占は射程内にある。

続きを読む


タグ:ルマン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

【ルマン】トヨタとアウディ HV参戦 エコカー耐久戦  [モータースポーツ]



トヨタのHVレーサー-p1.jpg トヨタ自動車と独アウディが、16日に開幕する世界3大レースの一つ「第80回ルマン24時間耐久レース」に、電気モーターとエンジンを組み合わせた環境にやさしいハイブリッド車(HV)で参戦する。ルマンにHVが登場するのは初めて。ガソリンエンジンのHVで参戦するトヨタに対し、アウディはディーゼルエンジンのHVで対抗し、最先端技術を競う。

 ルマン24時間耐久レースを舞台にしたトヨタ自動車と独アウディのハイブリッド車(HV)対決は、3日に行われたテストで、1位、2位にアウディのディーゼルHV、トヨタが4位、5位と上位を独占。両チームのタイム差はわずかだった。

 トヨタのルマン参戦は13年ぶりで、本格的な国際レースは2009年のF1撤退以来。F1参戦時の実動部隊だったトヨタ・モータースポーツ(TMG)が開発した排気量3400ccのHV、「TS030ハイブリッド」2台で出場する。「燃費や耐久性などの総合的な性能が問われ、市販車へのフィードバックが期待できる」(内山田竹志副社長)ため、ルマンをレース復帰の場に選んだ。

アウディのHVレース仕様車-p2.jpg アウディは、欧州のエコカー技術の主流となっているディーゼルエンジンを、参戦するレース用のHV「R18eトロン・クワトロ」に採用した。

 同社は14年にディーゼルHVの市販を検討している。「これまでにも直噴エンジン、ディーゼルなどを先行投入し、技術優位性をアピールしてきた」(アウディジャパンの大喜多寛社長)だけに、優勝してHVの性能や信頼性をアピールしたい考えだ。

 アウディは、ルマンでは2000年から12年間で9勝し、今年は3連覇も狙う。一方、トヨタも「大きな問題もなく、士気が高揚している」(TMGの木下美明チーム代表)と初優勝の期待が高まっており、16日の決勝へ、両陣営の熱気は高まるばかりだ。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

【ルマン24時間】トヨタ 参戦車両「TS030ハイブリッド」を発表 [モータースポーツ]

 世界最高峰の自動車耐久レース、ルマン24時間(6月16~17日、フランス)などへの参戦を表明しているトヨタは24日、フランスのポール・リカール・サーキットで参戦用車両「TS030ハイブリッド」を発表した。

 3400ccの自然吸気エンジンを搭載し、ハイブリッド・システムを採用したマシンは、F1参戦時の実動部隊だったトヨタ・モータースポーツ有限会社(TMG)で開発、製造。参戦チームもTMGが運営し、世界耐久選手権(WEC)の第2戦(ベルギー・スパフランコルシャン、5月5日決勝)で実戦デビューする。
TS030ハイブリッド.jpg
 WEC第3戦のルマン24時間には2台体制で出場。今季は車両とシステムの開発を主眼に、10月14日決勝の第7戦(静岡富士スピードウェイ)など、その後の数戦にも出場する方向だ。

 ドライバーとしてはすでに元F1ドライバーの中嶋一貴(27)と、アレックス・ブルツ(37=オーストリア)、ニコラス・ラピエール(27=フランス)の3人が発表されている。2台目のドライバー候補としてはフォーミュラ・ニッポンやスーパーGTで戦う石浦宏明(30)の名が挙がっており、すでに11~13日の初試走(ポール・リカール・サーキット)でステアリングを握ったことも明らかにされた。

 チーム代表を務める木下美明TMG社長は「もちろんルマンでは優勝したいと思っている。しかし、非常に強いライバルを相手に戦えるようになるには学び、成長しなければならないと現実的に考えており、今年のわれわれの目標はTS030ハイブリッドの性能レベルを見せることだ。ハイブリッドはトヨタのコア技術であり、モータースポーツの舞台でこれを見せることは重要であり、ラップタイムと燃料効率の両方でパフォーマンスのアドバンテージを発揮できることを証明したい」とした。

 またルマン24時間初参戦となる中嶋は「TMGのドライビング・シミュレーターでは長い時間運転しているので、バーチャルな世界の中ではクルマのことも分かっているし、ルマンのコースのことも分かっている。やっと本物を運転するときが来た。自分にとってはすばらしい挑戦だし、トヨタとともにWECに出場するのは本当に楽しみだ。ハイブリッド技術を携えてのルマンへのカムバックはトヨタにとっては大きなチャレンジだと思うが、われわれドライバーにとっても大きなチャンスだ」とコメントした。

 伝統のルマン24時間の車両、競技規定に基づくレースはシリーズで行われており、今季からは国際自動車連盟(FIA)が承認した世界選手権に昇格した。ルマンではここ数年、アウディなどのディーゼルエンジン勢が席巻しており、トヨタの参戦でディーゼル対ハイブリッドの構図も注目される。

ニュルブルクリンク24時間耐久レース 2011 [DVD]

新品価格
¥3,243から
(2012/1/25 20:29時点)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

【ダカール・ラリー】ペテランセルが総合首位 [モータースポーツ]

ペテランセルphpeter.jpg 自動車ダカール・ラリーは2日、アルゼンチンのサンタロサからサンラファエルまでの第2ステージを行い、四輪部門(290キロ)はステファン・ペテランセル(フランス、ミニ)が総合首位に立った。

 総合の2位はロビー・ゴードン(米国、ハマー)。昨年の王者ナセル・アルアティア(カタール、ハマー)は区間1位で6位に浮上。日本勢はともにトヨタの三橋淳が37位、寺田昌弘が42位だった。
ステファン・ペテランセル.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

【インディカー・シリーズ】ダン・ウェルドン・ラスベガスの自動車レースで事故死 [モータースポーツ]

ダン・ウェルドン-p1.jpg 米ラスベガスで16日に行われた自動車インディカー・シリーズのレースで、事故にあった英国人ドライバーのダン・ウェルドン(33)が死亡した。

AP通信などの米メディアが報じた。

 計15台が巻き込まれた事故は13周目に発生し、ウェルドンの車に他の車が乗り上げた。

 ダン・ウェルドン選手は今年5月に行われた伝統の自動車レース、インディアナポリス500マイルで2度目の優勝を飾るなど、名ドライバーとして知られていた。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

【フォーミュラ・ニッポン】オリベイラが2戦連続PP・中嶋一貴は4番手 [モータースポーツ]

国内最高峰の自動車レース、全日本選手権フォーミュラ・ニッポン今季第4戦は6日、栃木・ツインリンクもてぎ(1周4.801キロ)で17台が参加してノックアウト方式の公式予選を行い、昨季覇者のJ.P.オリベイラ(ブラジル=IMPULトヨタ)が1分35秒012(平均時速181.92キロ)で、今季2戦連続2度目、通算5度目のポールポジション(PP)を獲得した。
オリベイラ.jpg
 今季3戦2勝のアンドレ・ロッテラー(ドイツ=ペトロナスTOM’Sトヨタ)が2位に続き、塚越広大(ドコモダンディライアン・ホンダ)が3位。ポイント首位の中嶋一貴(ペトロナスTOM’Sトヨタ)は4位。元インディカードライバーで今回スポット参戦している武藤英紀(HPリアル・ホンダ)は1回目15位で、上位13台による2回目に進めなかった。

 決勝は7日午後2時半から52周で行われる。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

【鈴鹿8耐】秋吉、伊藤、清成組が優勝 [モータースポーツ]

オートバイの第34回鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)は31日、三重県の鈴鹿サーキット(1周5.821キロ)で決勝を行い、秋吉耕佑、伊藤真一、清成龍一組(ホンダ)が217周で優勝した。
鈴鹿8耐b.jpg
 秋吉は2度目、伊藤と清成はともに4度目の制覇となった。ホンダ勢の優勝は2年連続24度目。

 2位は加賀山就臣、ジョシュ・ウォーターズ(オーストラリア)、青木宣篤組(スズキ)、3位には高橋巧、玉田誠、岡田忠之組(ホンダ)が入った。
鈴鹿8耐a.jpg


タグ:鈴鹿8耐
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

【佐藤摩弥】44年ぶりで女子オートレーサーデビュー  [モータースポーツ]

44年ぶりの女子オートレーサーとなる佐藤摩弥選手(19)が11日、川口オートレース場(埼玉県川口市)で初出走した。
佐藤摩弥a.jpg
順位は2位に終わったが、平日としては異例の観客数を動員。オッズも一番人気で、“オート姫”誕生を思わせるデビュー戦となった。

 佐藤選手出走時の観客数は、「ビッグレース並み」(同レース場)という約5300人。単勝オッズも1・0倍と大きな人気を集めた。

 佐藤選手は第4レースに出走。得意のスタートでレースを引っ張るも、ゴール直前にタイヤが滑り、惜しくも2着となった。
佐藤摩弥b.jpg
 佐藤選手は「焦ってしまい、冷静にレースができなかった」と振り返りながらも、「走りだけでなく精神面でも強い選手になりたい」と意欲を見せた。

 両親や友人が見守る中でのデビュー戦。「手を振っているのが見えて、応援してくれているのを実感した。獲得した賞金は家族のために使いたい」と顔をほころばせた。


【送料無料】よくわかるオ-ト...

【送料無料】よくわかるオ-ト...
価格:1,260円(税込、送料別)


タグ:佐藤摩弥
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

【インディカー・シリーズ】佐藤琢磨がポールポジション 日本人初 [モータースポーツ]

インディカー・シリーズに参戦する佐藤琢磨選手は、24日に行われた第8戦アイオワの予選で、日本人ドライバーとして初めてポールポジションを獲得した。
インディカーa.jpg
今までのインディカー・シリーズにおける日本人予選最高位は、2004年第10戦ミシガンで松浦孝亮選手が記録した2番手。決勝最高位は2008年第8戦アイオワで武藤英紀選手が記録した2位。

佐藤選手は「初めてのポールポジションはすごくうれしいです。チームにありがとうと言いたいです。ここまで支えてきてくれているファン、スポンサーの方々にも感謝しています。昨年もアイオワではよいパフォーマンスを見せることができていましたから、今年も競争力のあるマシンでレースに臨めると考えていました」。

「自分のキャリアにとってもうれしいポールですが、これまでにたくさんの日本人の先輩たちが挑戦してきて、今回こうしてインディカー・シリーズで一歩前へと進むことができたので、日本のモータースポーツ界にとっても貢献できたのかなと思います」。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
モータースポーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。