So-net無料ブログ作成
バドミントン ブログトップ
前の10件 | -

「フジカキ」が銀 運命の出会いで快進撃  [バドミントン]

 フジカキ-p7.jpg「フジカキ」の金メダルはならなかった。バドミントン女子ダブルス決勝で藤井瑞季、垣岩令佳組は中国ペアに敗れ、銀メダル。それでも、バドミント界で過去、達成したことのない快挙だった。

 2人が出会ったのは全国の強豪が集まる青森山田高だった。藤井が2年、垣岩が1年の時の大会でダブルスを組んだ。この時のことは藤井の記憶に鮮明に残っている。「とにかく、しっくりきた。運命の人だ」と直感した。全体を見渡せ、緩急をつけた攻撃ができる藤井だがパワーに劣る。166センチで力強いスマッシュが打てる垣岩はペアとしては最適の相手だった。

 順調に高校総体などを制したが、一つ上の“お姉ちゃん”である藤井は、思ったことをそのまま相手にぶつける性格だ。感情を爆発させる時もあり、実際、コンビ解散の危機もあった。そんなとき、気遣いのできる垣岩は「先輩とやりたいな」と藤井の気持ちをくすぐり、後をついて行った。フジカキ-p3.jpg

 垣岩には、藤井への恩がある。2007年8月、当時高校3年で卒業後の進路に悩んでいる時に、「ダブルスを組んで、一緒にオリンピックを目指そうよ」と声をかけてくれたのが藤井だった。実は複数の強豪チームからも誘いはあった。しかし、藤井の言葉がうれしかった。2人は熊本市のNEC九州(現ルネサス)でペアを続けることができた。「あの言葉がなければ今はない」。垣岩は、しみじみと振り返る。

 コートの上だけでなく、相性も抜群、藤井はそんな垣岩を「家族のような存在」と表現する。「最近は休日に友達と会っていても、誰でも『令佳(垣岩)』って間違えて呼んでしまう」と苦笑する。バドミントンでは頼れる姉御肌の先輩も、私生活では垣岩に「言葉の言い間違えはしょっちゅうで、行動にもつっこみどころが多い。手のかかる“妹”です」と遠慮なくいわれる。

 プレースタイルも性格も対照的な2人が、お互いの長所を引き出し合い、銀メダルにつなげた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

藤井瑞希&垣岩令佳が史上初メダル決める 「金」かけ決勝へ 女子ダブルス [バドミントン]

藤井瑞希&垣岩令佳.jpgロンドン五輪第7日のバドミントン競技は、女子ダブルス準決勝を行い、藤井瑞希、垣岩令佳(ルネサス)組が、アレックス・ブルース、ミシェル・リ(カナダ)組に2-1(21-12、19-21、21-13)で勝ち、決勝に進出。日本バドミントン史上初の五輪メダル獲得が決まった。

 “無気力試合”で失格処分になったペアに代わって繰り上がりで決勝トーナメントに進出したカナダ組との対戦。

 地力で上回るとみられた藤井、垣岩組だが、メダルを意識したからか堅さがみられ、第2ゲームを落とす苦しい展開に。第3ゲームは垣岩のジャンピングスマッシュなどで11-5と引き離すと次第に流れに乗り、追いすがるカナダ組を振り切った。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【インド・オープン】池田・潮田組 五輪確実  [バドミントン]

池田・潮田組-p1.jpg バドミントンのロンドン五輪出場枠が決まる5月3日付世界ランキングの最後の対象大会、インド・オープンは26日、ニューデリーで各種目の2回戦を行い、混合ダブルスの池田信太郎、潮田玲子組(日本ユニシス)がインドネシアのペアに2-0で勝ち、ともに2大会連続の五輪出場を確実にした。

 ダブルスは五輪に16組出場する。
 日本勢2番手の佐藤翔治(NTT東日本)松尾静香(パナソニック)組もインドのペアを下したが、世界ランクで池田、潮田組を上回る可能性が消えた。

 各国・地域に出場枠2つが与えられる世界ランク8位以内に、日本が2組入ることもなくなった。日本協会は出場枠を獲得した選手を五輪代表に決める。

 ■潮田玲子の話「いつもと違う緊張感がある中でも、最後まで集中を切らさずプレーできた。(五輪出場枠争いの1年は)いいことの方が少なかった。また、あの舞台に立てることを誇りに思う」(共同)



【送料無料】【adidas/バドミントン】アディゼロ BD Feather W/G41433/潮田玲子モデル 【smtb-K】

価格:7,200円
(2012/4/27 19:50時点)
感想(1件)





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【バドミントン・全日本総合選手権】高2奥原希望が最年少V [バドミントン]

バドミントンの全日本総合選手権(東京・代々木第2体育館)は最終日の11日、女子シングルスで4連覇がかかる広瀬栄理子(パナソニック)が体調不良で決勝を棄権し、高校総体覇者の奥原希望(のぞみ)(埼玉・大宮東高2年)が16歳8か月の史上最年少で優勝した。
奥原希望.jpg
 圧巻は守備範囲の広さ。抜群の脚力と粘り強さで、史上最年少での決勝進出を決めた奥原は「すごいうれしい。夢のようで自分でもビックリしている」。大粒の涙をこぼしながら歓喜した。

 冷静に頭を働かせてプレーする。第1ゲームを奪取後、第2ゲームは三谷のスピードに対応できずリードを許した。ここで気づいたのは、相手の息切れする気配。中盤以降はシャトルを前後左右に散らし、三谷の体力消耗を狙った。

 戦略はずばり的中。勝負の第3ゲームは開始早々、力を温存していた奥原が154センチの体を投げ出す好守備と、好スマッシュを連発。5連続得点すると、その後もミスを誘うラケットワークで20歳の三谷を何度もコートに座り込ませ、心身ともに追い込んだ。


★送料無料!4U5★ウィルソン CORAL BLX コントロールプレーヤーモデル(MAX26ポンド対応)★男性:初級~上級◆女性:初級~上級 向けにおすすめのバトミントンラケットです。ソフトな打球感! 【smtb-k】【w4】

価格:14,900円
(2011/12/11 14:39時点)
感想(12件)





タグ:奥原希望
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【マカオ・オープン】田児賢一・後藤愛は準々決勝へ [バドミントン]

 田児賢一.jpgバドミントンのマカオ・オープンは1日、マカオで行われ、男子シングルス3回戦で田児賢一(NTT東日本)はインドネシア選手に2-0で勝ち、準々決勝に進んだ。

 女子シングルスは後藤愛(NTT東日本)がベスト8に進出した。
後藤愛.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【世界バトミントン】末綱・前田組は銅メダル [バドミントン]

 バドミントンの世界選手権第6日は13日、ロンドンで各種目の準決勝を行い、女子ダブルスで初のメスエマエb.jpgダル獲得を決めた第3シードの末綱聡子、前田美順組(ルネサス)は8-21、15-21で第1シードの王暁理、于洋組(中国)に敗れて決勝に進めず、銅メダルとなった。

 末綱、前田組が勝っていれば、日本勢では1977年の第1回大会女子ダブルスで優勝した栂野尾悦子、植野恵美子組以来、全種目を通じて34年ぶりの決勝進出だった。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【世界バトミントン】スエマエは16強・佐々木翔が2回戦 [バドミントン]

バドミントンの世界選手権第2日は9日、ロンドンで行われ、男子シングルス1回戦で第11シードの佐々木翔b.jpg佐々木翔(トナミ運輸)がフランス選手に2-1で逆転勝ちして2回戦に進んだ。

 女子ダブルス2回戦では第3シードの末綱聡子、前田美順組(ルネサス)が2-0でインドネシアのペアを下し、ベスト16入り。第15シードの松友美佐紀、高橋礼華(日本ユニシス)組も勝ち、3回戦で末綱、前田組と対戦する。スエマエ.jpg

 男子ダブルス2回戦の遠藤大由、早川賢一組(日本ユニシス)は勝ち上がったが、混合ダブルス2回戦の橋本博且(トナミ運輸)藤井瑞希(ルネサス)組は敗退した。


バドミントンパーフェクトマスター (スポーツ・ステップアップDVDシリーズ)

新品価格
¥1,470から
(2011/8/11 05:41時点)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【シンガポール・オープン】末綱、前田組が8強 [バドミントン]

バドミントンのシンガポール・オープンは16日、シンガポールで各種目の2回戦が行われ、女子ダブルスで第1シードの末綱聡子、前田美順組(ルネサスSKY)がオーストラリアのペアを下して準々決勝に進出した。末綱、前田組.jpg
 第2シードの藤井瑞希、垣岩令佳組(同)も松友美佐紀、高橋礼華組(日本ユニシス)に勝って8強入り。
 男子は平田典靖、橋本博且組(トナミ運輸)と遠藤大由、早川賢一組(日本ユニシス)が8強入り。混合の池田信太郎、潮田玲子組(同)は2回戦で敗退した。
 シングルスの日本勢は、男子の佐々木翔(トナミ運輸)、女子の後藤愛(NTT東日本)らが2回戦で敗れた。 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【男女混合国・地域別対抗戦スディルマン杯】イケシオ勝った!日本8強 [バドミントン]

12チームが4組に分かれた1次リーグでA組の日本は初戦でドイツを4-1で下し、各組2位までの準々決勝進出が決まった。ドイツが2戦2敗となった。
日本は24日に中国と対戦する。
イケシオ.jpg
 男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの5試合で争い、日本は混合ダブルスの池田信太郎(30)、潮田玲子(27)組(日本ユニシス)男子シングルスの田児賢一(NTT東日本)男子ダブルスの平田典靖、橋本博且組(トナミ運輸)女子ダブルスの末綱聡子、前田美順組(ルネサスSKY)が勝った。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【インド・オープン】末綱、前田組が制覇 [バドミントン]



バドミントンのスーパーシリーズ、インド・オープン最終日は1日、インドのニューデリーで各種目の決勝が行われ、男子ダブルスの橋本博且、平田典靖組(トナミ運輸)がインドネシアのペアを2-0で破って優勝した。同シリーズの大会を日本勢の男子が制したのは初めて。
末綱聡子、前田美順.jpg
 日本勢同士の対戦となった女子ダブルスは第1シードの末綱聡子、前田美順組(ルネサスSKY)が第2シードの藤井瑞希、垣岩令佳組(同)を2-0で下して優勝。

昨年10月のデンマーク・オープン以来2度目の同シリーズ優勝を果たした。 

二人のコメント。

 末綱聡子 「攻守に粘る自分たちのプレーができた。全英オープンで結果が出なかったけど、気持ちを切り替えることができた。(来年4月末までの)五輪出場権レースに弾みがついた」

 前田美順 「後輩との決勝だったので、負けたくないという気持ちが強かった。スーパーシリーズで2度目の優勝ができてうれしい」


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - バドミントン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。