So-net無料ブログ作成
検索選択
レスリング ブログトップ
前の10件 | -

【 ロンドン五輪】米満達弘が「金」 日本男子24年ぶり フリー66キロ級 [レスリング]

米満達弘-p1.jpg ロンドン五輪の最終日は、レスリング競技の男子フリースタイル66キロ級の決勝を行い、昨年の世界選手権銀メダリストで日本のエース、米満達弘(自衛隊)がスシル・クマール(インド)を2-0で下し、金メダルを獲得した。レスリングの日本男子の五輪「金」は、フリースタイル48キロ級の小林孝至、同52キロ級の佐藤満の2人が金メダルを獲得した1988年ソウル大会以来、6大会24年ぶり。

 米満の金メダルで、今大会の日本選手団のメダル数は38個(金7、銀14、銅17)となり、2004年アテネ大会(37個)を上回る史上最多を記録した。レスリングの日本男子の今大会メダルは銅2個に続く3個目。

米満達弘-p2.jpg 米満は第1ピリオド、相手選手への大声援を受ける中、低い姿勢からのタックルで1ポイントを先取し、先制した。調子がよいときには、香港映画のアクションスター、ブルース・リーを意識した軽やかなステップをみせる米満。「金」に王手をかけた第2ピリオド、相手を持ち上げて背中から倒し、3ポイントを取って、試合を決定づけた。

■米満達弘の話「夢みたい。まさか取れるとは思っていなかった。(決勝第2ピリオドのタックルは)狙っていた。過去の自分を超えたいと思ってやってきた」
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【 ロンドン五輪】湯元進一 銅メダル獲得 フリー55キロ級 [レスリング]

湯元進一-p8.jpg ロンドン五輪の第15日は、レスリング競技の男子フリースタイル55キロ級3位決定戦を行い、湯元進一(自衛隊)が昨年の世界選手権2位のラドスラフ・ベリコフ(ブルガリア)を2-0で下し、銅メダルを獲得した。今大会のレスリング男子のメダルは、グレコローマンスタイル60キロ級で銅メダルを獲得した松本隆太郎(群馬ヤクルト販売)に続き、2個目。

 第1ピリオドは1-1の同点だったが相手が警告を取られたため先取。第2ピリオドでは相手の猛攻に耐え、1分44秒で相手を押し出して試合を決めた。

 湯元は11日に登場する60キロ級の湯元健一(ALSOK)と双子で弟。健一は北京五輪で銅メダルを獲得しており、“兄弟メダル”も達成した。湯元進一-p7.jpg



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【 ロンドン五輪】吉田沙保里も金、五輪3連覇果たす 女子55キロ級 [レスリング]

吉田沙保里-p1.jpg ロンドン五輪の第14日は、レスリング女子55キロ級決勝を行い、吉田沙保里(ALSOK)がトーニャ・バービーク(カナダ)を2-0で下し、金メダルを獲得した。アテネ北京に続く五輪3連覇は63キロ級の伊調馨(ALSOK)に続く快挙で、レスリング女子が今大会獲得した金メダルは3つとなった。

 立ち上がりからお互いが牽制し合う中、吉田が得意の高速タックルを仕掛けて第1ピリオドを先取。第2ピリオドも残り30秒を切ったところで相手を押し出し、試合を決めた。

 吉田は初戦となる2回戦でケルシー・キャンベル(米国)を2-0で、3回戦でユリア・ラトケビッチ(アゼルバイジャン)を2-0で退けた。
吉田沙保里-p4.jpg
準決勝では5月の国別対抗戦、ワールドカップで敗れたワレリア・ジョロボワ(ロシア)に2-0で雪辱していた。

 ■吉田沙保里の父・栄勝コーチの話「最高です。最初はどうしても硬くなっていた。決勝は最後の試合だと思って、悔いのないように思いっきりやれと言った。(3連覇は)ぴんとこない。五輪に勝つだけでもすごいのに。3連覇は本当にすごい」

 ■栄和人監督の話「正直、この五輪は難しいと思っていた。(吉田)沙保里もトンネルを抜けきらない感じだった。いろんな人に支えられた。まだ力を残している感じで、最後に爆発してくれた。(3連覇は)今でも信じられない」
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

【 ロンドン五輪】伊調馨も金 女子初の3連覇 63キロ級 [レスリング]

wrs12080904150005-p1.jpgレスリング女子63キロ級の決勝 伊調馨(ALSOK)が景瑞雪(中国)を2-0で下して金メダルを獲得し、五輪3連覇を達成した。3連覇は個人種目の日本勢では、柔道男子60キロ級の野村忠宏(ミキハウス)以来で、日本女子で初めて。

 決勝で、伊調は昨年の世界選手権3位の景に対し、積極的に攻め、第1ピリオドで相手をタックルで倒し、3ポイントを取って先取。第2ピリオドも足をとってホールドの体勢に入るなど、相手選手に1点もポイントを与えず、圧倒。前人未踏の偉業を達成した。

 伊調はロンドン五輪で4勝をあげたことで、2007年5月のアジア選手権のけがによる「不戦敗」を除くと、2003年3月以降続く自身の連勝記録を「153」まで延ばした。世界に伊調の不敗神話を改めて強く印象づけた。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【 ロンドン五輪】小原日登美 悲願の金 女子48キロ級 [レスリング]

小原日登美-p1.jpg ロンドン五輪第13日はレスリング女子48キロ級の決勝を行い、31歳で五輪初出場の小原日登美(自衛隊)が北京五輪銅メダリストのマリア・スタドニク(アゼルバイジャン)と対戦。2-1で下し、悲願の金メダルを獲得した。

金メダル量産が期待されるレスリング女子が上々のスタートを切った。






 小原は4点を先行され、第1ピリオドを先取された。第2ピリオドは1点を守りきって雪辱。運命の第3ピリオドはタックルで先取し、その後も相手の猛攻を抑えた。

小原日登美-p5.jpg 小原は初戦の2回戦でマロイ・メジエン(チュニジア)にフォール勝ち。準々決勝でイザベラ・サンブ(セネガル)を2-0で下し、危なげなく勝ち上がってきた。

準決勝では北京五輪金メダルのキャロル・ハイン(カナダ)も退け、五輪を目指してから実に10年越しの“悲願”を勝ち取った。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【レスリング女子W杯】 浜口京子がマットに涙のキス 「これが最後、ありがとう」 [レスリング]

第1ピリオド1分10秒でフォール負けした浜口京子は試合後、闘ったマットの中央にキスをして引き揚げた。
浜口京子-p3.jpg
 理由を聞かれると涙を流し「日本で試合をするのは今回が最後だと思っていた。五輪はあるけど『ありがとう、レスリング』の気持ちで日本のマットに感謝を表した」と声を震わせ、ロンドン五輪が大きな節目であることをうかがわせた。

 26日に北京五輪覇者の王嬌(中国)を破ったが、この一戦でけがをしたという。故障部位は明らかにしなかったが「痛み止めを飲んでも痛みが引かず、何もできなかった」と顔をしかめた。



タグ:浜口京子
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【レスリング女子W杯】吉田沙保里が08年以来の黒星 日本は6年ぶりV [レスリング]

吉田沙保里e.jpg レスリング女子国別対抗戦、ワールドカップ(W杯)最終日は27日、代々木第二体育館で行われ、日本がロシアと対戦した決勝で、五輪3連覇を狙うロンドン五輪代表の吉田沙保里(ALSOK)が2008年1月のW杯以来の敗戦を喫し、連勝は58で止まった。

 日本はロシアを5-2で破り、6年ぶり6度目の優勝を果たした。3位は中国だった。

 7階級で争った団体戦。吉田にとっては、不安を残す大会となった。

 ほかの五輪代表組では48キロ級の小原日登美(自衛隊)と63キロ級の伊調馨(ALSOK)は勝ったが、72キロ級の浜口京子(ジャパンビバレッジ)は敗れた。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【ロンドン五輪】吉田沙保里 自身の本懐満たす「出るからには3連覇」 [レスリング]

 アスリートの本懐はさまざまだ。「五輪に出たい」とする者、「五輪でメダル」とする者。志の到達点の差が競技者の価値を決めるものではないし、メダルの色に貴賤の差はあるまい。
吉田沙保里-p3.jpg
ただし、レスリング女子55キロ級の吉田沙保里の場合は、至高の輝きを持つメダルでしか自身の本懐を満たせない。

 「誰も作れない記録を作りたい。出るからには3連覇」。女子柔道の国民的ヒロイン、谷亮子(現参院議員)でさえたどり着けなかった日本女子未踏の高峰に、旗を立てようとしている。

 2004年のアテネ五輪、08年の北京五輪を2連覇し、世界選手権は9連覇中。ロンドン五輪で公約を果たせば、世界大会の連覇は「12」に伸びる。「霊長類最強の男」とうたわれた男子グレコローマンスタイル100キロ超級のアレクサンドル・カレリン(ロシア)に並ぶ記録だ。

 世界中のレスラーは畏敬を込めて「女カレリン」と呼び、日本のメディアは「カレリン超え」の難題を29歳に背負わせる。なのに吉田の笑顔は肩の荷の重さを感じさせない。「もっと頑張ろうという気持ちにさせてくれる。チャンスがあるのは私だし、『カレリン超え』っていい響き」
吉田沙保里-p2.jpg
 三十路の足音が近づくにつれ、体のきしみが気になるように。一直線のタックルに加え、組み手で相手を捕まえ、出し投げで泳がせ、バックを取る-。そんな円熟の技も増えた。だが、駆け引きと押し引きを使う今も、後ろに下がることは知らない。「大事なのはタックルに入る勇気、攻める勇気」。自らの影をも引きちぎる神速のタックルで、吉田はきょうも高みへと駆け上がる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

山本美憂37歳 復帰戦V 五輪目指し全日本出場へ [レスリング]

山本美憂-2.jpgレスリングの元世界女王でロンドン五輪を目指し、7年ぶりに復帰した37歳の山本美憂(白寿生科学研究所)が16日、静岡県三島市で行われた全日本女子オープン選手権48キロ級で優勝し、五輪代表を選考する全日本選手権(12月21~23日・代々木第二体育館)の出場権を獲得した。

 初戦の準々決勝と準決勝でフォール勝ちし、決勝で植野さくら(自衛隊)を2-0で下した。

 1991年に17歳で世界選手権を初制覇し、94年、95年も優勝した山本は3度の引退を経て、6月に復帰を表明した。山本美憂15.jpg




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【世界レスリング】フリー66キロ級 米満達弘が銀メダル 五輪出場枠獲得 [レスリング]

米満達弘.jpg レスリングの世界選手権最終日は18日、当地で男子フリースタイルの3階級が行われ、66キロ級の米満達弘(自衛隊)は決勝でメディ・タガビ・ケルマニ(イラン)に敗れ、銀メダルだった。
 今大会の日本男子のメダルは2個目。フリー60キロ級に次いで、男子では二つ目のロンドン五輪出場枠も得た。
 米満は初戦の2回戦でモンゴル選手、3回戦でポーランド選手、準々決勝でアゼルバイジャン選手、準決勝ではブルガリア選手を下した。
 120キロ級の荒木田進謙(専大ク)は1回戦でインド選手を破ったが、2回戦でグルジア選手に負けた。2回戦から登場した74キロ級の高橋龍太(自衛隊)はキューバ選手に逆転負けした。ともに敗者復活戦に回れなかった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - レスリング ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。