So-net無料ブログ作成

【三井住友VISA太平洋マスターズ】石川遼が2年ぶりV 最年少で10勝目 [ゴルフ]



 男子ゴルフの三井住友VISA太平洋マスターズは11日、静岡県御殿場市の太平洋C御殿場glf12111021230006-p1.jpg(7246ヤード、パー72)で最終ラウンドを行い、2位と1打差の首位でスタートした石川遼は10番からの3連続を含む7バーディー、3ボギーで回り、通算15アンダーで1年11カ月27日ぶりに優勝し、優勝賞金3000万円を獲得。池田勇太が持つ26歳9カ月16日の記録を上回る21歳1カ月24日で通算10勝目を飾った(1973年のツアー制度施行後)。史上最速で生涯賞金獲得額は6億円を突破した。

 1打差の通算14アンダーの2位には松村道央、さらに2打差の3位には藤本佳則がつけた。昨年覇者の松山英樹は通算11アンダーの4位だった。

 石川は3番(パー5)でグリーン手前のバンカーからピン20センチに寄せてバーディーを奪うと、6番(パー5)ではグリーン左からのアプローチをピン1・5メートルに寄せてバーディー。好調なアプローチでスコアをまとめていった。後半の10番から3連続バーディーを奪って一時2位以下を引き離した。雨の降り出し、13番からはスコアを2バーディー、3ボギーと落としたが、かろうじて踏みとどまった。


タグ:優勝 石川遼
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。