So-net無料ブログ作成

大谷、藤浪、菅野、東浜の1年目は? 元ヤクルト・スカウト片岡宏雄氏が予想 [野球]

 百花繚乱のドラフト1位選手たち。最も注目が集まるのは日本ハム・大谷翔平(18)=花巻東高=、阪神・藤浪晋太郎(18)=大阪桐蔭高=、ソフトバンク・東浜巨(なお、22)=亜大=、そして巨人・菅野智之(23)=東海大=の4投手だ。かつてヤクルトのスカウト部長として、数多くの名選手を発掘してきた片岡宏雄氏(76)に、ルーキーたちの活躍を占ってもらった。
藤浪晋太郎000-2-view.jpg
 「ローテーション投手に大事なのは、常に“80点”を取れる安定感」

 片岡氏の挙げる、プロで活躍するための条件だ。4人の中でみてみると、最もレベルが高いのは東浜になる。

 リーグ最多の22完封をはじめ、数々の記録を打ち立てた右腕を「調子が悪くても打ち取る方法を知っており、先発すれば7回を3点以内に抑える計算ができる。本拠地のヤフードームの広さも有利で、15勝もありうる」と評価する。

 1年間の浪人の後、おじの原辰徳監督(54)率いる巨人入りを果たした菅野。実力からすれば東浜とは新人王を争うが、片岡氏が気にするのは、やはり1年間のブランクの影響だ。

 「2軍で実戦感覚を取り戻してから、1軍で投げるのが現実的」

 今季の巨人は内海哲也(30)、杉内俊哉(32)、ホールトン(33)の3投手を柱に、6勝を挙げた宮国椋丞投手(20)ら若手も台頭。菅野を即戦力として扱わなくてもやりくりできるのも強みだ。片岡氏は「2けた勝利や新人王を意識させるよりも、プロの水に慣れる時間が大切。後半戦で5、6勝できればいい」とみる。

 高校生では、藤浪の完成度の高さが目を引く。「あれだけの身長でも体を使いこなしている。球威、制球とも現時点で1軍級の力はある」と即戦力級の評価だ。

 楽天・田中将大投手(24)や、米大リーグ・レッドソックスからフリーエージェントの松坂大輔投手(32)と同じく、高卒ルーキーながら2けた勝利も期待できる。

 米大リーグ志望から、日本ハム入りに進路を変えた大谷。投手と野手の“二刀流”挑戦など、今オフの話題は一番といえる。

 しかし、片岡氏は「193センチの体を持て余している。安定感がなく、まだ時間がかかる」と、投手としての1軍デビューはハードルが高そう。逆に、打者としての評価は別だ。

 「左右の違いはあるが、手首の柔らかさが田淵幸一(元阪神など)に似ている。パワーも申し分ない」として、現時点では打者としての完成度をあげる。

 実績や入団の経緯はそれぞれだが、いずれ劣らぬ球界の宝であることには違いない。「育成を任された球団の力が問われる1年になる」と片岡氏。4人のゴールデンルーキーは、それぞれどんな1年目を過ごすことになるのだろうか。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。